【塩分40%カット】減塩で高血圧を防ぐカップ麺「中華そば」を食べてみた

カップ麺

今回はエースコックから出ている減塩カップラーメンのご紹介です。

腎臓弱者に大敵のラーメン

ラーメン一杯には6g以上もの塩分が含まれるためです。カップラーメンも例外ではありません。なかには8g近く含まれる大盛カップ麺もあります。

私そらまめは、腎臓を切って以来ラーメンを控える日々を過ごしておりますが、ごくたま~に家族に内緒でカップ麺を食べています。

もちろん食べるときはいろいろと配慮しています。なるべく塩分が少ない商品を選び、スープの素も半分に減らして使っています。ただそれでも3gの塩分はどうしても摂取してしまいます。

私と同じように、腎臓をいたわりつつカップラーメンがどうしても食べたい人へ

ぜひご紹介したいのがエースコックの減塩カップ麺↓↓↓

塩分が40%もカットされています。さらに高血圧を防ぐGABA配合。GABAは“ギャバ”と読みます。

1食あたり43gと量は控えめで、食塩相当量は1.6g

ここで気になる成分を通常のものと比較してみます。内容量が51gと近いミニもやしラーメンと比べてみましょう!

 

減塩中華そば

ミニもやしラーメン

内容量

43g

51g

エネルギー

170kcal

193kcal

たんぱく質

3.8g

4.5g

脂質

7.2g

7.1g

炭水化物

22.6g

27.7g

食塩相当量

(麺・かやく/スープ)

1.6g

(0.4g/1.2g)

3.1g

(0.7g/2.4g)

※どちらもエースコックが販売

食塩相当量は顕著に違います。ほかの成分はさほど違いはありません。

 

それでは試食。

熱湯を入れて3分間、スープはふたの上で温めます。

スープを麺の上から流し込みます。

なんか、入れ方が変、、、 (汗)

飲み干し前提で全部使い切らず7~8割を使いました。

食べてみるとごく自然なエースコックの醤油ラーメン

なんとなく懐かしさを感じる味です。

 

あっさりと食べやすく塩分の強みも感じられません。

スープの使用を減らしたにもかかわらず味がしっかりしています。

 

はい、完食。

スープを減らしたので合計1.2~1.3gの塩分摂取

もやしのシャキシャキ感、エースコック独特で私は好きです。

量が少ないのでおにぎりやおかずと一緒に食べると良いでしょう。

ぜひお試しあれ。

Amazonでみる

楽天市場でみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました