人生ならぬ腎生100年を目指して

減塩・低たんぱくでアマニ油の入ったヘルシーマヨネーズ

2020/06/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは! そらまめです。
緊急事態宣言の解除で少しずつ日常が戻ってきた感じですね!

さて、今回はヘルシーマヨネーズのご紹介です。

そらまめは正真正銘の“マヨラー”です。

ところで、“マヨラー” はご存じですよね!?
マヨネーズをこよなく愛する人のことですが、
もはや死語なのでしょうか(^^;)

実は一昨年にジャネフのマヨネーズを紹介したきり
一度もマヨネーズネタをアップしてないんですよ。

マヨラーのくせに。

ということで、最近ハマっている減塩マヨネーズをご紹介することにいたします。

 

ヘルシーマヨネーズの使用歴

マヨネーズをヘルシーに変える決意をして、まず始めに使ったのがジャネフの「プロチョイス マヨネーズタイプ」

無塩ドットコムさんからサービスで頂いたのがきっかけ。

 

味は申し分ないので、たまに注文していましたが、
1本145gと容量は少なく、消費は早かったです。

その後、楽天でも無塩ドットコムでも取扱いがなくなり、
無塩のマヨネーズが販売されたので、そちらを使うようになりました。

 

そのマヨネーズとは、ユニオンソースの「食塩不使用MMマヨネーズ」

画像は少し前のもので、いまは少し外装が変わっています。
容量の表示も500mLから470gに変わっています。

ジャネフのに比べて大容量のマヨネーズです。

 

減塩中の人にとってこんなありがたいことはありません。
なにしろ食塩不使用なのですから。

しかしながら、そらまめが無塩のマヨネーズを使うとどうしてもこんな食べ方になってしまいます。
↓↓↓

食塩不使用のイタリアンドレッシングとのコラボです(汗)

無塩調味料を1種類だけ使うと物足りなさを感じるときでも、
2種類を掛け合わせると何の不足感もありません。

食べ方は人それぞれですので、良かったら無塩マヨネーズも試してみてください。

 

そして、一番長く使っているマヨネーズがこれ↓

キューピーの「アマニ油マヨネーズ」。

減塩・低たんぱくで、いずれも約30%カット。

様々な健康効果のあるアマニ油に加え、血圧を下げるα-リノレン酸も配合された機能性表示食品です。

 
おいしいですし、いまのところ私にとって”最強のマヨネーズ”です。

 

マヨネーズの成分比較

ここで、マヨネーズの成分比較をしてみましょう!

1でご紹介した2種類のマヨネーズと一般的なマヨネーズを挙げました。

食塩不使用MMマヨネーズ470g アマニ油マヨネーズ 200g キューピーマヨネーズ
エネルギー 113kcal 110kcal 100kcal
たんぱく質 0.3g 0.3g 0.4g
脂質 11.9g 12.0g 11.2g
炭水化物 1.2g 0.1g 0.1g
食塩相当量 0.0g 0.2g 0.3g

※大さじ1杯(15g)あたりの値

 

MMマヨネーズはダントツで塩分控えめというか、やはり無塩です。

その代わりに炭水化物の量が多いですね。

アマニ油マヨネーズは全体的にバランスが良いように感じられます。

いずれもカロリーは通常のものよりもやや高めで食べ応えは申し分ありません。

 

おわりに

マヨネーズ好き、かつヘルシー志向の方におすすめの商品をご紹介しました。

 
サラダばかりでなく、ゆでたアスパラやブロッコリー、ハンバーグやメンチカツなんかにかけても
ヘルシーマヨならうしろめたさを感じません。

 
手巻き寿司でサーモンと一緒にサラダを巻くとき
アマニ油マヨネーズを付け足すと一層おいしくなります。

ぜひいろいろとお試しください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© そらまめ減塩健康通信 , 2020 All Rights Reserved.