食べ切りOK!②お酒のつまみで食べる塩分の少ないスナック菓子5選

減塩食品

このシリーズは、食事制限している方や腎臓を患った方でも食べられる、塩分やたんぱく質の少ないスナック菓子で、食べ切り可能なものを紹介しています。

今回はその第2弾として、お酒のつまみで食べられる減塩スナックのご紹介です。

ご自宅でちょいと飲むときに軽くつまめるお菓子に限りますが、つまみですからある程度の持久力も大事になってきます。

お酒もお菓子も好きだけど、体への配慮が不可欠な方は、ぜひご覧ください。

結論だけ知りたい人は、目次→まとめ をクリックして、確認してくださいね。

①塩分が少なく、できる限り低たんぱくのスナック菓子
②なるべく少量でカロリーも控えめのスナック菓子
③お酒は缶ビールや缶酎ハイを想定した、多少なりとも持久力のあるスナック菓子

Calbee ポテトチップス クリスプ コンソメパンチ

数多くあるポテトチップスの中でもお酒のつまみでオススメしたいのは、Calbeeから出ているポテトチップス クリスプのコンソメ味です。

成型ポテチなので従来からの袋詰めポテチに見られる素材感、ジャガイモ感には欠けますが、独特のパリパリとした食感がビール類によく合います。

そして、チップのサイズが揃っていることもまたメリットを生みます。なぜなら、食べた量を把握しやすいので、必要に応じて食べる量を制御できるからです。

容器もコンパクトで安定感がありますので、バッグなどへの収納も楽ですし、新幹線や列車のボックス席で食べるのにも適しています。

気になる塩分ですが、1本50gあたりの食塩相当量は0.6g。お値段が安いのも魅力です。

味は、定番の”うすしお”をはじめ何種類か出ていますが、お酒のお供には濃いめのコンソメパンチはいかがでしょうか。

ブルボンプチ えんどうまめ うましお味


ブルボンプチシリーズは、パックの内容量も少ないですが、全般に低塩分、低カロリーで、ちょいとつまむにはオススメです。

その中でも特に、こちらの「えんどうまめ うましお味」をオススメしたいと思います。

えんどう豆のスナックは、東ハトのビーノやCalbeeのさやえんどうなど多く輩出されていますが、一番のネックはたんぱく質の量。ポテトチップスなど通常のスナック菓子では、一袋当たりのたんぱく質は5g以下となっているケースがほとんどですが、えんどう豆スナックは大豆を原料しているので、10gを超えることがざらなのです。

それに対し、ブルボンプチのえんどうまめは、たんぱく質量は4.5gとかなりおさえられている印象です。

こちらもクリスプ同様の成型ポテチですが、チップが小さめで枚数が多く、豆のつぶつぶ感も心地よく、少量のわりに長持ちするので、お酒のおつまみに優れています。

ちなみに、このプチシリーズはアニメ「鬼滅の刃」とのコラボ商品も出ていますが、パッケージにキャラクターを使っている分、価格は少し高めに設定されています。内容や味には変わりないので、特に”鬼滅”でなくても良い方には、プチクマ君だけの通常版をオススメします。

チップスターS うすしお味


ヤマザキビスケットのchip star のうすしお味。こちらも成型ポテチで、Calbeeのクリスプと並んで人気のポテトチップスです。

こちらはやや食感がしっとりとしていて、ジャガイモ感はこちらの方があるように感じます。

お酒のつまみでももちろん良いのですが、単純にお菓子として大好きなポテチでもあるので、ここで紹介させていただきました。食塩相当量も1本0.5gとかなり控えめです。

ドラゴンポテト うまチリ味

フリトレーのドラゴンポテトうまチリ味。街であまり見かけないお菓子ですが、近所のお店で入手し、食べてみたらとてもおいしかったです。

パッケージの表に 「神食感」と書いてあるように、特筆すべきはその食感。うまく表現できませんが、”カリサクッ”とした感じで、やみつきになりそうな食感です。
チリ味ですが辛すぎず、うまさと辛さが絶妙なバランスで同居しています。

1袋あたりの食塩相当量が0.9gと控えめで、たんぱく質に関してはなんと1.5gとスナック菓子では群を抜いて少ないです。

辛い食品が苦手でなければぜひオススメいたします。

ポテコ うましお味

ポテコと言えば、指にはめて食べたくなる、東ハトの息の長いリングスナックです。

ノンフライの軽い食感と継承されるうましおの味は圧巻です。

内容量78gのポテコでも、食塩相当量は0.7g、たんぱく質も2.7gですから、私のような腎臓弱者にはとても魅力的な数字に思えます。

ただし、カロリーや炭水化物の量は決して少なくありませんので、その点は注意が必要です。パッケージもいろいろな規格が出ていますので、そのときの状況に応じて選んで入手するようにしたいです。

まとめ

以上、お酒のつまみで塩分の少ないスナック菓子5選を紹介してまいりました。

これらの成分量を以下にまとめます。

クリスプ

コンソメ

ブルボンプチ

えんどうまめ

チップスター

うすしお

ドラゴンポテト

うまチリ

ポテコ ※

うましお

内容量 50g 37g 50g 45g 78g
エネルギー 255kcal 207kcal 266kcal 257kcal 425kcal
たんぱく質 3.2g 4.5g 3.2g 1.5g 2.7g
脂質 13.3g 14.1g 15.5g 17.2g 25.4g
炭水化物 30.6g 16.7g 28.5g 24.1g 46.4g
食塩相当量 0.6g 0.4g 0.5g 0.9g 0.7g

※ポテコは1袋24g~販売されています。

クリスプやチップスターは内容量のわりに塩分は控えめですが、脂質や炭水化物はある程度含まれています。

ブルボンプチは、大豆成分を使っている分たんぱく質は多いですが、塩分はかなり抑えられています。小さめのチップスで枚数が多く、豆のつぶつぶ感も楽しめ、お酒のつまみとしてはかなりオススメです。

辛いお菓子が好きな方は、ぜひドラゴンポテト うまチリ味の食感を缶ビールなどと共に味わってみてください。

それでは今回はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました