人生ならぬ腎生100年を目指して

無塩パンにマッシュポテトをのせて食べてみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは! そらまめです!

世の中は新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な状況となっています。
外出自粛、休業要請、マスク不足
だれがこんな事態を想定したでしょうか?
しばらくは人類一丸となってウイルスに対峙しなければなりません。

 

この状況のなか最近は外出自粛の影響で通販の売れ行きが良いようです。
いわゆる「巣ごもり消費」ですね。

そらまめも仕事以外はなるべく家から出ないようにしています。
ひさしぶりに体重計に乗ったらナント!体重が2kgも増えているではないですか?
TVなどで報道されていたとおりの体重の増え様。
私も例外ではありませんでした。

 

腎臓弱者のブロガーとしてはじくじたる思いです。
心当たりがないわけではありません。
いや、はっきりとあります。
明らかに間食が増えましたね(汗)
炭水化物の摂り過ぎです。
少しだからといって酒のつまみに食べているスナック菓子
このせいではないかと思います。

 

今はかなり特殊な状況下に置かれているだけに
ストレスをため込まない生活も一方で大切だとは思いますが
太ってしまっては今までの苦労が台無しですし
再び体調を崩して入院なんてことはどうしても避けなければなりません。

ここは気を引き締めて食生活をいま一度見直す必要がありそうです。

 

さて、まえおきが長くなりましたが本題です。
先日紹介しました塩抜き屋の「無塩パン
一時は品切れ状態でしたが販売が再開されております。

価格1,180円(税別)で2個セット
ややお高く感じますが、私は迷いなく買います。
コメ派の私が買い求めるくらい画期的なパンだからです。
そのへんで売っているパンは普通塩分が多く含まれます。
このパンは無塩で、しかも無添加。
開封しなければ20日前後の長期保存ができる利便性もあり
これらを加味すれば決して高くないと思います。

 

そして“それなりにおいしい”(笑)

めっちゃおいしいとは言いません。
きちんと温めこんがり焼くとふっくらカリっとおいしいのです。

前回はバターやジャムをぬっておいしく食べられることを確認しましたが
今回はそれとは違う食べ方を試しました。

マッシュポテトのトッピングです。

マッシュポテトは自分で作っても買ってきてもよいと思います。
我が家では母が自作してくれました。

 

マッシュポテトのつくり方はざっとこんな感じです↓
①じゃがいもを皮剥いてゆでる。
②ゆでたじゃがいもをマッシャーでつぶす。
③フライパンにバターをひいて、玉ねぎ、にんじん、ホウレンソウ、シーチキンを加え炒める。
④②のじゃがいもを入れ、牛乳を注ぎ入れ、バターを落とす。
⑤軽く塩コショウをし、牛乳が煮詰まるくらいまで炒める。

 

パンを食べやすいサイズに切り、バターをのせてあらかじめ少し焼いておきます。
そこへ作っておいたマッシュポテトとピザチーズをのせこんがりと焼き上げます。

 

完成!

1個あたりのたんぱく質は4.5g、塩分は0.5g

 

味はうすいですが、さっぱりしていておいしいです。
コーンポタージュとよく合います。

 

パン自体が無塩なので、少し下味つけた方が良かったかな~
しょっぱくしたら意味がないので
メイプルとかはちみつとかでも良いかも・・・

まあ体重が増えたことですし、
ヘルシーにまずまずおいしくいただけました。

 

昨今のコロナ情勢でみなさま胸中おだやかでないとお察しします。
私自身、体の健康に気を配りはするものの
心の健康は保証できない状況にあると感じています。
一日も早くこの状況が収束して
心身ともに安全と安心を取り戻せるよう願うばかりです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© そらまめ減塩健康通信 , 2020 All Rights Reserved.