【塩分50%カット】人気の減塩サケフレークをおにぎりに使ってみた

ご飯のお供

今回は減塩サケフレークのご紹介です。

サケは人気のお魚ですが、普通に売っているものは塩分が高く、食べることに罪悪感を感じたりしませんか?たんぱく質ももちろん多いので、腎臓病をお持ちの方などにはハードルの高い食べ物です。

ときにはご飯に思いっきりかけて食べたい!
そんな方に朗報の塩分50%カットのヘルシーサケフレークです。

今回はおにぎりに使ってみました。

【50%減塩】ニッスイのさけあらほぐし

多くの水産加工品を販売しているニッスイから出ています。
北海道産の新鮮なサケを使っているとのこと。紛れもなく国産です。
塩分が一びんで1.1gですから、この数字を見ただけで安心できます。
それでいて、味がしっかり。なぜかというと、ニッスイの塩分を増強する特許技術を使っているから。

ここで、ほかの商品と成分を比較してみましょう!

ニッスイ50%減塩さけあらほぐし ニッスイ焼鮭あらほぐし マルハニチロさけフレーク
エネルギー 94 kcal 98 kcal 190 kcal
たんぱく質 11.9 g 12.8 g 12.05 g
脂質 4.7 g 5.3 g 14.45 g
炭水化物 1.1 g 0.0 g 2.95 g
食塩相当量 1.1 g 2.2 g 1.75 g

たしかに、塩分はニッスイの通常のサケフレークのちょうど半分になっています。マルハニチロのサケフレークは、塩分はそれほど高くありませんが、炭水化物や脂質分が高く、カロリーはニッスイの2倍以上です。同じサケフレークでも栄養成分がずいぶんと違うのですね。

減塩サケフレークをおにぎりに使ってみた!

まずは普通に白ごはんにのせて食べてみたのですが、減塩であることが気にならないほど味がしっかりしていました。北海道産の鮭が効いているのでしょうか。期待以上においしかったです。

これは、おにぎりに混ぜてもきっとおいしいだろうと確信できました。翌日のお弁当に早速使用。この見た目が食欲をそそります。

お昼に近くの公園で食べましたが、ちゃんと塩味が効いています。うちのおにぎりでは、握る際に塩を使いません。それでも十分に味わえるのは、ニッスイの製法によるのでしょうか、それとも鮭そのものの素材が良いのでしょうか。味が薄いだろうと心配して母が梅干しを半分入れてくれていました。


おむすび1個分のエネルギー等を示しています↓

エネルギー たんぱく質 塩分 カリウム
185 kcal 11.9 g 0.2 g 75 mg

※梅干し半個分は含まれません。

コンビニのおにぎりのパッケージを見てみてください。だいたいは塩分1~2gの表示です。圧倒的な低塩分でおいしく食べられるのは素晴らしいことです。

まとめ

以上、画期的な減塩サケフレークをご紹介いたしました。

塩分50%カットでもしっかりとした味わいで、十分に塩気も感じるフレークです。
今回はごはんとおにぎりに使いましたが、そらまめが大好きな鮭クリームパスタにも合いそうです。

またアップしますのでお楽しみに。
それではこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました