無塩ドットコムで人気No.1の「ゼロ梅」を食べてみた

ご飯のお供

梅干しと言えば、酸っぱい食品の代名詞。日本人なら大好きな人も多いはずです。

独特の塩気と酸っぱさでいろいろな料理に合いますが、通常は塩分が強いため、食塩制限のかかる人にとっては気軽に食べられない食品です。

今回ご紹介する「ゼロ梅」は、食塩不使用の“梅干し感覚”の食品です。減塩商品を多く取り扱う無塩ドットコムで、5年連続の売上No.1に輝く人気のメニューです。

今回はごくシンプルに、白ごはんにのせて食べてみましたので、その感想を紹介いたします。

「ゼロ梅」とは

「ゼロ梅」は、無塩ドットコムのブランド「塩ぬき屋」さんが製造する食塩不使用の食品です。保存料も無添加で、国産(和歌山県産)の紀州南高梅を使用していますので、安心・安全の食品と言えます。

お塩の代わりにお酢を使って漬けた梅なので、梅干しではありません。しいて言うなら、“梅干し感覚 の食べ物です。梅に含まれるビタミンE、クエン酸、ポリフェノールに加え、お酢の成分である60種類以上のアミノ酸が入っていますので栄養満点です。

「ゼロ梅」の味には、“酸っぱい味”と“甘酸っぱい味”の2種類があります。

“酸っぱい味”は、漬け材としての食酢とオリゴ糖しか含まれておらず、素材そのものの味とお酢の酸っぱさが味わえます。“甘酸っぱい味”はハチミツなどで食べやすく味付けされ、まろやかな甘さがあり、酸っぱいのが苦手な人に向いています。ハチミツのほか、砂糖やみりん、甘味料(ステビア)も使用されているので、甘味料など気にされる方はご注意ください。

今回は、ごはんのお供に“酸っぱい味”の方をトライしてみました。

ごはんに“結構”合います!

無塩ドットコムの食品類をかれこれ3年ほど使わせていただいていますが、「ゼロ梅」を注文したのは今回が初めてです。正確には、初期に注文した「減塩調味料お試しセット」のサンプル食品を1個食べたとき以来の注文です。その時は、“甘酸っぱい味”を試食しましたが、私にはごはんのお供というより単品で食べる代物に思えました。無類の梅干し好きには少し邪道に思えたのです。

そこで今回は、より梅干しに近い “酸っぱい味” を選んでみました。

注文したのは内容量が200gのもので、15個の粒が入っていました。梅の重量によりこの個数は変わってくると思いますが、粒は大きめでふっくらとしていて、食欲をそそるような見た目です。

欲望のままに一口食べると、とても柔らかくジューシーに仕上がっています。ただ、全く塩分を感じませんので、ごはんとの相性は果たしていかがでしょうか?

炊きたてのごはんにのせて食べてみると、思ったよりも合います。梅干しと比べると、塩分がない分ごはんがどんどん進むという感じではありませんが、梅そのものの素材も効いているのか、とても上品な食感です

そして、余計な調味料を一切使わない、自然な味わいが安心感を与えてくれます。食べている間にも、血液をきれいにし、健康を促すようなイメージを抱かせてくれる一品です。

購入と保存について

「ゼロ梅」は無塩ドットコムでお求めいただけます。1パック200gからの販売で、お得な定期購買も選択できます。定期購買の場合は4パックで1セットになっていて、ご自分で購買サイクルを選べ、いつでも解約できます。このほか、化粧箱入りの贈答品もありますので、各々の用途に応じてお探しください。

賞味期限は、”酸っぱい味”が製造日から1年、”甘酸っぱい味”が6カ月です。食塩も保存料も使っていないわりに、賞味期限は市販の梅干しとあまり変わらず、これもまたうれしいです。ただし、直射日光の当たらない涼しい場所で保管し、開封後はかならず冷蔵庫で密封保存しましょう。

無塩ドットコムだけでなく、Amazonと楽天市場でも取り扱いがあります。楽天市場では、「無塩梅」との表記で提供されていますが、「ゼロ梅」と同一のものです。

いずれも送料は別途かかりますが、無塩ドットコムを利用すると、税込5,930円以上の配送であれば送料無料となります(ただし、沖縄県と離島は除きます)

まとめ

以上、食塩を一切使わない無塩梅についてご紹介いたしました。

食塩を使う従来の梅干しとは違いますが、私も含めた塩分制限のある人々が、安心に且つ楽しんで食べられるごはんのお供とわかりました。

“甘酸っぱい味”は酸っぱいのが苦手な方に、“酸っぱい味”はそもそも梅干しが好きな方にオススメです。

大人気の食品でもありますので、ぜひ一度お試しになってはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました