ジャネフのノンオイルドレッシング「減塩サウザン」低カロリーかつ濃厚クリーミー

減塩調味料

当ブログでおなじみの減塩ドレッシングシリーズ。

どれもヘルシーで美味しいのですが、今回ご紹介するのが減塩サウザンドレッシング。「和風」「ごま風味」に続く第3弾です!

前回も言いましたが、ジャネフの減塩ドレッシングは塩分が控えめなだけでなく、超低カロリーも実現しています。

それでいて、サウザン特有のクリーミーさと濃厚さを兼ね備えており、その成分とのギャップに驚かされました。

ジャネフのノンオイルドレッシング「減塩サウザン」の特徴とは?

おさらいになりますが、ジャネフ(JANEF)はキユーピーの健康ケア食品を指します。ジャネフのノンオイルドレッシングは、油を使わず分離しにくい仕立てになっていて、非常に使い勝手が良いです。

そもそも「サウザン」とは何か?疑問に思ったのでググってみたところ、正式には「サウザンアイランドドレッシング」。北米とカナダを流れるセントローレンス川に浮かぶ島々を”千の島(Thousand Island)”と呼び、ドレッシングに含まれる玉ねぎやピクルスがあたかも”千の島”に映ることから名付けられたそうです。思っていたよりも壮大な内容でした。

通常は、ドレッシングのベースとしてマヨネーズが使われ、ケチャップ、オリーブオイルが加わり、さらにみじん切りにした野菜(玉ねぎ、ピクルス、ピーマンなど)を入れるのが一般的です。そしてそのお味はかなり濃厚。

ジャネフのサウザンもたしかにクリーミーで濃厚です。しかしながら、やさしい甘みがあり、さらっと爽やかな食感です。これまでのシリーズ同様、塩分カットで超低カロリーにもかかわらず、味がしっかりとしていて、物足りなさを感じさせません。

低カロリーなわけは、すでにお分かりのように油を使っていないからです。油を使わず、糖質の使い方に工夫がなされています。老舗キユーピーのなせる技なのでしょう。そして、原材料をみて気づいたのは、マヨネーズが使われていないこと。ベースに国内製造のトマトケチャップを使用し、香辛料でスパイスをきかせ、しっかりとした味わいを出しているのだと思います。

ジャネフのノンオイルシリーズは、注ぎ口がこんな感じでぽっかり開いていて、気を付けないとかけ過ぎてしまうのでご注意ください。
液自体にある程度の粘性がありますので、それほど問題はありませんが、できればもう少し口径を小さくしてほしいです。

それと、増粘剤や甘味料が含まれますので、添加物を気にされる方はご注意ください。私も添加物は少し気になりますが、それ以上に美味しく使いやすく、お値段もお手頃なのが利点です。

ベビーリーフとカリカリパンのサラダにたっぷりとかけて食べてみた

ヘルシーだの減塩だの言っていますが、では実際にどのくらい成分として違いがあるのかを検証してみましょう。以下に、代表的なサウザンドレッシングの栄養成分を比較します。ジャネフの減塩ドレッシングがどれだけヘルシーであるか、これらの数値からわかってきます。

ジャネフノンオイルドレッシング「サウザン」 キユーピー1000アイランドドレッシング フードキン サウザンアイランドドレッシング 日本食研味わいドレッシング焙煎ごま
エネルギー 4.5kcal 49kcal 44kcal 58kcal
たんぱく質 0.15g 0.1g 0.09g 0.1g
脂質 0.0g 4.6g 4.0g 5.8g
炭水化物 1.2g 1.6g 1.8g 1.4g
-糖質 0.6g n.d. n.d. n.d.
  -食物繊維 0.6g n.d. n.d. n.d.
食塩相当量 0.45g 0.4g 0.5g 0.4g

※エネルギーや成分の値は、いずれも大さじ1杯当たりの量です。n.d.はno data

まず驚くのは、他の商品と比べて圧倒的に低カロリー・低脂質であること。ノンオイルであるがゆえですが、それにしても桁違い。

材料が野菜中心のためでしょうか、たんぱく質は総じて低水準です。ごまドレッシングが0.5g、和風ドレッシングが0.3~0.4gが標準ですから、サウザンは大変低くおさえられていることがわかりました。これは、腎臓に疾患をかかえた人やたんぱく制限を受けている人には大変ありがたいデータです。

意外なのは塩分の量。上の表を見る限りでは、どこが減塩?というラインナップです。ましてや、無塩ドットコムさんが謳っている“50%減塩”には該当しないような・・・。昨今のヘルシーブームで、市販のドレッシングは全般に減塩の傾向があるということなんでしょうか。

今回は、ベビーリーフとカリカリパンのサラダにかけて食べました。シーザードレッシングがむしろ似合いそうなサラダですが、サウザンの優しい甘みを感じながらいただくことができました。
以下、エネルギー、塩分、たんぱく質のデータをご参考までに示しておきます。

【エネルギー等(1人分)】

エネルギー 塩分 たんぱく質 カリウム
24.5 kcal 0.28 g 1.31 g  –mg

※ベビーリーフ20g、ドレッシングは小さじ1杯分

海鮮サラダに合うようなので今度試食してみます。カリウムが気になる方は、あらかじめ野菜を加熱してカリウムを除き、温野菜にかけて食べてみても良いでしょう。

まとめ

以上、ノンオイルの減塩サウザンドレッシングのご紹介でした。

低カロリーでありながら、サウザン特有のクリーミーさと濃厚さも兼ね備え、サラダをおいしくヘルシーに食べたい方にオススメです。腎臓疾患や食事制限のある方には特にオススメですが、脂質や炭水化物も少ないですから、ダイエットにも効果がありそうです。

過去にご紹介した無塩のドレッシングと比べると、食塩が適度に入っていて、無理なく手軽に使える点、値段がリーゾナブルである点をアピールしたいです。

最近の市販ドレッシングは総じて減塩の傾向にあることから、一部のサイトで謳われている”50%減塩”に該当するかは疑問です。しかしながら、塩分控えめなことに違いはないですし、すべての栄養成分に関してヘルシー水準ですので、安心してお使いいただけると思います。

ぜひお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました