人生ならぬ腎生100年を目指して

バーモントカレーに “食塩不使用カレー” を混ぜて食べてみた

2018/10/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん こんにちは!
今回はカレーです💛

カレーは高塩分・高カロリーな食べ物の部類。
ルウには通常1日の推奨摂取量の約半分に当たる2~3gもの塩分が入っています。

“体が悪くてもカレーライスを一食分きちんと食べたい”

そう思うのは私だけではないはず

そんなみなさまへ朗報です!

食塩不使用のカレーというのがあるんです!

早速、食べてみたのでご報告します。

 

食塩不使用のチキンカレーとは?

日本初の食塩不使用レトルトカレー

開発したのは無塩・減塩ブランドの“塩ぬき屋さん”

食塩を使わないカレーまで作ってしまいました。
もちろん無添加商品です。

まずは他のレトルトカレーと成分を比べてみましょう!

食塩不使用チキンカレー<辛口> 銀座チキンカリー<中辛> ボンカレーゴールド<辛口>
1袋(1食分) 172g 180g 180g
エネルギー 260kcal 146kcal 160kcal
たんぱく質 10.5g 7.0g 4.5g
脂質 15.7g 5.9g 4.5g
炭水化物 20.0g 15.8g 20.5g
食塩相当量 0.17g 2.7g 2.5g
リン 157.9mg
カリウム 870.3mg

素材本来のナトリウム分による食塩相当量は たったの0.17g

他のものと比べると15分の1以下という画期的なカレーです。

でもよく見ると、たんぱく質や脂質といった成分は本品の方がむしろ多そう・・

これは、原材料である野菜やお肉に含まれている成分が多いためなのです。
食塩を使わないぶん素材で旨さを引き出しているからなのでしょう。

 

 

食べてみた感想

この「食塩不使用チキンカレー」を単独で使うか、あるいはアレンジするかを考えたところ

公式レビューの中にシビアなコメントもあるので、今回は市販のルーとミックスして使うことにしました。

できるだけ塩分を減らすため、市販品の中でも食塩が少ないハウス・バーモントカレーを使用しました。

 

【材料(2人分)】

牛こま肉 100g
たまねぎ 85g
にんじん 40g
じゃがいも 40g
おろしにんにく 少々
おろししょうが 少々
サラダ油 小さじ1杯
250cc
低たんぱくヨーグルト 大さじ1杯
はちみつ 大さじ1/2杯
バーモントカレー<辛口> 19g
食塩不使用チキンカレー 86g(1/2袋)

 

【エネルギー等(1人分)】

エネルギー 塩分 たんぱく質 カリウム
620kcal 1.1g 16.6g 525mg

バーモントカレー半皿分に食塩不使用カレー1/4皿分のルーを足して1人分としました。

塩分が1.1gとかなり抑えられました。
おかわりしちゃいたいくらいですが、たんぱく質がそれなりに入っています。

実際に食べてみると、バーモント単独で食べるよりも甘さやコクがありおいしくなっています。ヨーグルトやはちみつを加えたのでまろやかさもありました。

 

ちなみに「辛口」とありますが、それほど辛く感じません。

いろいろと混ぜたからかもしれませんが、辛さが足りず唐辛子をふって食べたほどです。

公式レビューでは、“辛過ぎ”というコメントも散見されますが、私にはもう少し辛い方がありがたいくらいでした。

 

まとめ

以上、食塩不使用のレトルトチキンカレーをご紹介しました。

そのまま使ってもよいのでしょうが、おいしさを求めるなら市販のルーなどと混ぜて使った方が無難でしょう。

むりやり無塩にしなくても、減塩でおいしく頂ければそれに越したことはありません。

なお、たんぱく質やカリウムの制限のある方は、ご自分の制限量を踏まえ調整されるようお願いします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© そらまめ減塩健康通信 , 2018 All Rights Reserved.