ねこあし昆布ふりかけっておいしいの?!食べ方による塩分量などもご紹介します

ご飯のお供

小林食品株式会社から出ている「ねこあし昆布ふりかけ」。
食塩不使用かつ化学調味料無添加のふりかけで、私のように腎臓が弱く食事制限をしている者にとっては大変ありがたい食品です。

ネットショッピングで手軽に買えるふりかけですが、「ねこあし昆布ってなんぞ?」「塩分がないけどおいしいの?」「値段は高くない?」などの心配から購入を躊躇されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?カスタマーの評価を見ても、全体的には高評価が並ぶものの、低い評価をつけているケースも見受けられます。

そこで今回は、皆さんのそんな疑問にお答えすべく「ねこあし昆布ふりかけ」という食品のメリットとデメリット、そしておいしい食べ方についても紹介しますので、ご利用を躊躇されている方への一助となれば幸いです。

カスタマーレビューの抜粋

実際に購入し食べてみた方がどんな評価をしているのか、いくつか引用して見ていきましょう。

星5つ:本当に美味しいです。温かいご飯の上でねこあし昆布のネバネバ風味が醸し出され、鰹節とごまの香ばしさもあって、塩味なくても全く問題ありません。まとめ買いリピートです。

星4つ:おにぎりに最適です!昆布の自然な旨みが優しい味です。減塩梅干しと組み合わせるとおにぎりの保存も味も効果発揮できて旨みもアップ!

星3つ:私には少し味気ないです。減塩のお醤油を少しだけかけて食べています。そうすれば美味しい!

星2つ:(レビューがみつかりませんでした。)

星1つ:無塩を頼んだのに、塩分が入っていました。買い間違えたかな。これ今後よく考えて注文します。

※星5~3つは無塩ドットコム、星1つはAmazonのレビューより引用

以上、なるべく公平でわかりやすいレビューを抜粋させていただきました。味については、この食品の持つ素朴でやさしい味を、おいしいと思う方とやや物足りないと思う方に分かれるようです。ただ、後者の方でも、調味料や他の食品と組み合わせて食べることで、一転、満足感が得られているようでした。ちなみに値段についてのレビューは次の1件だけ見つかりました。

星5つ:とても美味しくて今回は妊娠高血圧のお友達にもプレゼントしました。お友達も大絶賛でした。お値段もそんなに高くなくて何度でも頼みたいです。

ねこあし昆布ふりかけは1袋30gで300円程度で購入できます。最安水準の丸美屋のふりかけでも、1袋28gとほぼ等量で100~200円ですから、これと比べてみても価格はそれほど高くないと言ってよいでしょう。

ねこあし昆布ふりかけの概要

ねこあし(猫足)昆布は、学生時代に生物学を専攻していた私でもなじみの薄い海藻ですが、北海道の道東でしか採れない希少な昆布なのだそうです。パッケージにもこのように書かれています↓

ふりかけの材料には、ねこあし昆布を含む昆布類と酢、白ごま、カツオとイワシの削り節のみが含まれ、化学調味料や食品添加物は一切使用されていません。注意しなければいけないのは、食塩不使用となってはいるものの、素材本来のナトリウム分が塩分に換算されますので、100gあたり4.3gの食塩相当量は生じることになります。先ほどの星1つの評価をした方は、この点を指摘しているわけですね。ちなみに、腎臓に疾患をお持ちの方が気になるたんぱく質の量は、100gあたり21.7gとなっています。

ねこあし昆布ふりかけの購入について

ねこあし昆布ふりかけは、無塩ドットコムで1パック324円(税込)にて販売されています。送料は別途となりますが、総額が3150円(税別)以上だと695円 , 5,490円(税別)以上だと0円(無料)の配送料となります。受け取りは最短だと中1日で、それ以降は日付と時間帯の指定ができます。

楽天市場をみると、より安い価格で売られている場合もありますが、通常は送料が別途かかりますのでお気を付けください。Amazonで購入する場合は、まとめ買いがお得です。たとえば、プライム会員でしたら10個セットで3240円と送料がかからず、しかも無塩ドットコムよりも早い受け取りが期待できます。

ねこあし昆布ふりかけのおいしい食べ方

①そのまま炊き立てごはんにふりかけて食べる


やはり最初は、あたたかい炊き立てのごはんにそのままふりかけて食べてみることをオススメします。私が初めてそのように食べたときの感想は、正直 ”物足りない” でした。けれども食べるうちに不思議と素材のうまみが感じられるようになり、その自然のうまみが大好きになりました。本来、味にクセがあるとも言われるねこあし昆布ですが、ふりかけを食べてみる限りでは全くクセは感じられません。一般のふりかけと比べると塩分が格段に少ない分、それだけでご飯がグングンすすむような代物ではありませんので、おかずや汁物と一緒に食べた方が良いです。ご参考までにごはん1杯分の栄養成分値等を以下に示します。

材料 エネルギー 塩分 たんぱく質
炊き立てごはん 150g 252kcal 0.00g 3.8g
ねこあし昆布ふりかけ 2.5g     7kcal 0.11g 0.5g
合計 259kcal 0.11g 4.3g

なお、丸美屋ののりたまふりかけを等量使用した場合には、食塩相当量は0.22g、たんぱく質は4.4gとなります。したがって、ねこあし昆布ふりかけだと、塩分はそのちょうど半分に相当することがわかります。

②おにぎりに混ぜて食べる


無塩ドットコムのレビューアーも書いていましたが、おにぎりに最適なふりかけです。ご家庭でおにぎりをつくる際に、適量ふりかけて混ぜてください。にぎるときに塩を少々加えて具を入れなくても良いですし、塩を振らずに減塩梅干しや減塩サケフレークを入れてもおいしくヘルシーに食べられます。後者の栄養成分値を参考までにおしらせします。

材料 エネルギー 塩分 たんぱく質
ごはん(おにぎり2個分)150g 252kcal 0.00g 3.8g
ねこあし昆布ふりかけ 2.5g     7kcal 0.11g 0.5g
減塩梅干し(自家製)1粒     4kcal 0.60g 0.1g
減塩サケフレーク  10g   19kcal 0.22g 2.4g
合計 282kcal 0.93g 6.8g

③生わさび丼で食べる


あまり頻繁には食べませんが、思いつきでやってみたところ、家族にも案外好評でした。我が家で使用したのは、奥多摩の山城屋というお店で入手した地場産の本わさびですが、どこのわさびを使っても味的にはさほど問題ないでしょう。炊き立てのごはんの上に、先ほどと同様にふりかけ、かつお節を少し足して、おろした生わさびを適量のせるだけです。ただし、本わさびの購入には少々値が張ります。そこへ減塩のだし醤油を適量加えると、とてもヘルシーで乙な味に仕上がります。私はわさびの辛さが苦手ではありませんので、ご自分の許容度に応じて量は調整してください。この食べ方はやってみて大正解でした。だし醤油には、塩分60%カットの寺岡屋減塩だし醤油をオススメします。(寺岡屋の減塩だし醤油のレビューはこちら

材料 エネルギー 塩分 たんぱく質
炊き立てごはん 150g 252kcal 0.00g 3.8g
本わさび 10g     9kcal 0.01g 0.6g
ねこあし昆布ふりかけ 2.5g     7kcal 0.11g 0.5g
かつお節 0.5g     2kcal 0.01g 0.4g
寺岡屋減塩だし醤油 小さじ1/2     2kcal 0.15g 0.2g
合計 272kcal 0.28g 5.5g

まとめ

ねこあし昆布ふりかけの特徴をまとめますと、以下のようになります。

【メリット】
・自然な昆布のうまみが効いており、炊き立てごはんやおにぎりによく合う。
・塩分ひかえめかつ無添加なので、食事制限をしている人でも安心して使える。
・国産の希少な昆布を使い、素材に配慮しているわりに、値段はさほど高くない。
【デメリット】
・食塩を使用していないので、味に物足りなさを感じがちである。
・食塩は使用していないが、素材自体にナトリウム分が含まれるため、塩分ゼロの食品ではないことに注意する。
・ネットショップだと送料がかかることに注意する。まとめ買いなどで送料を無料にする方法もある。

私自身、ねこあし昆布ふりかけを使い始めて3年。なくてはならない・・とまではいきませんが、とてもありがたいご飯のお供です。食事制限をしていると、塩分の少ないおかずが毎食並びますから、物足りなさを補うためにこのふりかけを使うことが多いです。塩分の物足りなさは素材を多様化することである程度解消できます。

材料にはとても良いものを使っていますし、自然なうまさがありますので、ごはんの他にもサラダなど色々な料理に使えます。当ブログをご覧になり、”ねこあし良いな!” と感じられた方がいれば、ぜひお試しになってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました