糖質60%オフ!塩分50%オフ! 糖類不使用ケチャップを使ってみた

減塩ケチャップ

今回紹介するのは、”糖類不使用ケチャップ”です。

食塩不使用ケチャップ” についても、ご紹介させていただきましたが、それとはコンセプトが異なるケチャップです。

調味料なのだから多少塩味はほしいけど、やはり糖類やカロリーは気になるという方にはうってつけのケチャップではないかと思います。

食塩不使用ケチャップのようなトマトの甘さは前面に出ていませんが、健康面への配慮はもちろん、味とのバランスもよいケチャップです。

それでは以下、ご紹介していきますね。

ハグルマの糖類不使用ケチャップ

ハグルマの “糖類不使用ケチャップ
糖質60%、塩分50%をカットしたケチャップです。

「糖類」と「糖質」の違いを知らないと少し混同するかもしれませんので、少し整理させていただきます。


出典:炭水化物・糖質・糖類・糖分の違い|管理栄養士がわかりやすく解説

「糖類」は、「糖質」のうち砂糖やブドウ糖などの総称ですので、

糖質 = 糖類(砂糖など)+ほかの糖質(オリゴ糖など)

となり、糖類はゼロであっても糖質は必ずしもゼロとはなりません。
したがって、糖類不使用ケチャップは、糖類は全く含まれないが、糖質は多少含まれますよ、というふうに解釈できます。

ここで、食塩不使用ケチャップと成分を比べてみましょう↓↓↓

糖類不使用ケチャップ 食塩不使用ケチャップ
内容量 285g 290g
エネルギー 61kcal 98 kcal
たんぱく質 2.6 g 1.9 g
脂質 0.2 g 0.2 g
炭水化物(糖質+食物繊維) 16.7 g 23.2 g
食塩相当量 1.4 g 0.0 g

※成分表示(100g当たり)

いずれもハグルマ株式会社の商品で、糖質がカットされていますが、糖類不使用ケチャップの方がより大幅にカットされているため、炭水化物の量が大きく減少しています。カロリーもその分少なくなっていることがわかりますね。

食塩は通常の市販品の約半分で、大さじ1杯に直すと0.2gですから、それほど気になる量ではありません。

このほかにも以下のような特徴があります。
・化学調味料、着色料、保存料などの添加物は一切不使用
・難消化性デキストリンを多く含む(100g当たり9.0g含)

「難消化性デキストリン」は食物繊維の一つで、便秘や下痢の改善、内臓脂肪の低減、血糖値の抑制などなどに効果があるのだそう。糖質カットと難消化性デキストリンがダブルにはたらいて、ダイエットにも効果がありそうですよね。

野菜春巻きにかけて食べてみた

トマトケチャップというのは本当に便利な調味料です。でも世の中にはケチャップをほとんど使わない人もいるようで、うちの両親もあまり使いません。父は醤油しか知りませんので、オムレツを食べる時でも常に醤油をぶっかけています。まあ、このような人がいるおかげで私はケチャップを独占できるわけですが。

今回は野菜春巻きにかけて食べてみました。

【材料(2人分)】

春巻きの皮 6枚(71g)
じゃがいも 80g
にんじん 50g
ブロッコリー 60g
スライスチーズ 3枚(54g)
糖類不使用ケチャップ 小さじ2杯
揚げ用油 適量

【エネルギー等(1人分)】

エネルギー 塩分 たんぱく質 カリウム
390kcal 1.3g 9.9g 515mg


母のお手製野菜春巻きです。私の酒の肴の一つとなっていますが、このケチャップがとてもマッチしていました。

食塩不使用のものと比べるとだいぶ塩気があります。どちらかというと、塩分を調整していない通常のケチャップに近い味かな。

食塩不使用ケチャップの方がトマトの甘みはありますね。

両方あればいろいろと使い分けができそうです。

糖類不使用ケチャップは、通常、2個セットで販売されていますので注意しましょう。価格は1個323円(税込)となっています。Amazonや楽天市場でも入手できますが、ややお高く設定される場合もありますのでご注意ください。

おわりに

私のように腎臓をケアする人間にとって、食塩を減らし、糖質にも配慮し、かつおいしく仕上げていただけることが一番のありがたみです。

このケチャップはそれらのニーズを十分に満たし、ダイエットにも効きそうな良品です。

普通のケチャップでは濃すぎるし、食塩不使用ではやや物足りないという方には特にオススメ。

ぜひお試しになってみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました